佐脇塗装のこだわり

佐脇塗装 >> 佐脇塗装のこだわり
施工事例 お問い合わせ スタッフ紹介 Q&A

佐脇塗装のこだわり

「安さ」ではなく「長持ち」

塗装に限らず工事を考えたときに重要視される要素の一つが価格だと思います。
しかし価格だけを見るのは少し早計ではないでしょうか?
下地処理ができていないと、2~3年で塗料が剥がれたり、錆びが出てしまったりします。
下地処理等にごだわり、丁寧に仕上げます。
職人気質で、いい仕事をしたいという職人が長持ちする塗装を実現します。

住宅塗装の必要性

住宅における塗装とは、ただ単に色を付けるためだけにあるわけではありません。
様々な外的要因から住まいを守るための、言わば鎧です。
雨が多い地域なら防水性、砂ぼこリなどが舞いやすい地域なら防汚性などの機能性を持たせた塗料を塗る事が一般的です。
しかし塗装というのは一度したからと言って、ずっともつかといえばそうではありません。
現在新しく開発されているフッ素樹脂塗料※でも15年前後といえます。
それに対し日本の住宅の平均寿命はおおよそ30年、この住宅の建材を保護している塗膜が劣化し痛んでしまうと屋根材や外壁材などが直接雨や紫外線を受けてしまうことなり、住まいの構造体の劣化や雨漏りの要因ともなってしまいます。
お住まいを守っていくためには、住宅の一生の間に2~3回、表層の塗膜の寿命に応じて屋根材や外壁材の「塗り替え」が必要となってくるのです

塗替えの時期

塗り替えの時期は一般的に10年を目安にするといいといわれていますが、前に塗ってから10年…と覚えている方はほんの少数ではないでしょうか。
様々な条件次第ではその期間は前後しますし、早すぎても遅すぎても無駄になってしまう可能性がある以上、普段から気をつける必要はあります。


TOP